ヨガが心にも良い理由

心をリラックスさせる方法

心をリラックスさせることと、自律神経のバランスを保つことは大きく関わっていることが知られています。自律神経を整えると、寝付きが良くなったり血流がよくなったり冷え症改善といった身体の不調が治り、ストレスに強い身体になっていきます。

自律神経を整える為には、交感神経と副交感神経がバランスよく働くことが大事だと言われています。このバランスを保つことは自分の意識ではどうすることもできませんが、その唯一の方法が腹式呼吸と言われています。

腹式呼吸でリラックスする

腹式呼吸は鼻から息を吸い、吸うのよりも長く息を口から吐く呼吸法です。お腹の中の二酸化炭素を完全に出し切るイメージで行います。
日々の生活で感じるちょっとしたイライラには、腹式呼吸を試してみると意外に簡単に落ち着いた精神状態に戻ることができます。


緊張が続き仕事などでミスをしてしまう時のせかせかした動きや荒い呼吸は、交換神経を活発にしてしまい、血圧の上昇や瞳孔が開き興奮状態に陥ってしまう原因であると言われています。何か失敗してしまった時は、ついこのようになりますが、ミスにミスを重ねない為にも、ゆっくりと深い呼吸である腹式呼吸を行うと、自然と動作もゆっくりとしたものになり副交感神経が優位になり、落ち着いて対応できます。


しかし、ただ副交感神経を優位にすればよいというのではありません。
現代ではストレスのない状態はほとんどないので、多くの人が交感神経が優位になった状態が長く続いています。
そのため、バランスを保つためにストレスが溜まっていると感じる方は副交感神経を優位に働かせるような呼吸法を試してみる必要があります。


反対に、いつもゆったりと過ごしていて、寝てばかりいるような方は交感神経を優位にするようアクティブに過ごす方がよいのではないでしょうか。

ヨガが心にも良い理由

ヨガは呼吸が中心となり、ポーズを行っていきます。心を安定させる腹式呼吸を行いながらのヨガは自律神経を整え、リラックスさせてくれます。
心をリラックスさせる物質にセロトニンというものがあり、中枢神経や腸でつくられると言われています。
セロトニンが作りだされる為には、腸内環境が整っていなければなりません。便秘はそれだけで、イライラや腹痛のもとですが、腸内環境を整えることでセロトニンの発生も促進できるとは驚きです。ヨガのポーズには便秘に効くポーズがいくつかあり、腸内環境を良くし、セロトニンを作りだすのを助けてくれます。
セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれていて、脳で作られます。
このように、ヨガは呼吸法だけでなく、そのポーズにも心に良いとされる要素が含まれていると言えます。
また、ヨガのポーズは身体の隅々を伸ばすポーズが盛り込まれているため、血行が良くなると言われています。交感神経、副交感神経のバランスが崩れ、どちらかが優位に働くと血管が収縮し、血行が悪くなります。ストレスも血流を悪くする要因の一つです。


呼吸法により優位になりすぎた交換神経を鎮め心をリラックスさせ、ヨガのポーズで血流を良くすることは、身体の内側からも外側からも効果があります。
血行が良くなると血液が身体全体に酸素や栄養素を行き渡らせ老廃物を外に排出してくれます。
こうすることでデトックス効果があり、腸内環境を改善しセロトニンを発生させ、ホルモン状態を保ち、婦人科系のトラブルや肩こり等の不調も改善してくれます。


日々の生活で血行を良くしたり心をリラックスさせたりといった運動を行うのは大変だという方でも、家で隙間時間を利用して手軽にできるヨガは心にも身体にも良いのです。


ホットヨガ

メニュー