生理中でも大丈夫?生理痛とヨガの関係

「生理が近づくと憂鬱になる」「生理になると痛みがひどくて仕事を休んでしまう」そんな悩みを抱えている女性は少なくないのではないでしょうか。

女性の体として正常に機能している何よりの証拠ですので、生理は本来であれば「喜ばしい」ことです。しかしながら実際には生理前から生理中にかけては、憂鬱に感じることが多いでしょう。

「生理痛はなぜ起きるのでしょうか?」「生理中にヨガはやってもいいのでしょうか?」「生理痛の改善にヨガは良いものなのでしょうか?」といったご質問もよく聞かれます。

生理痛の場合、体を温めることで痛みが和らぐことがあります。
最近では床暖房が入ったホットヨガスタジオもあります。そういったスタジオなら身体の芯から温め、冷えもとれるのでおすすめですよ。

床暖房式のホットヨガスタジオはこちら>>>

それでは、生理とヨガの関係を中心に見ていきましょう。

生理痛はなぜ起こるの?

生理痛の原因は、大きくは「病気」「体質」「その他」に分けられます。

強い生理痛を引き起こす主な病気としては、子宮内膜症、子宮筋腫などが挙げられます。これらは日常生活に支障が出る程の痛みや貧血などを引き起こします。病気が考えられる場合は、まずは婦人科を受診することをおすすめします。

そして、「体質」によるものです。生理痛とはそもそも、子宮が収縮する痛みのことです。(生理は子宮が収縮することで、中の内膜を血液と共に体外へ排出する働きのことを指します。)

子宮を収縮させる「プロスタグランジン」と呼ばれる物質が分泌されることで子宮収縮が起こりますが、生まれつきこの物質が多く出やすい方がいます。この場合は鎮痛剤でこの物質の分泌を抑えることが治療として有効です。

そして、「その他」の要因です。これは冷え性やストレス、ホルモンバランスの影響などによる生理痛を意味しています。特に明確な病気がない場合は、これに当てはまると考えて良いでしょう。

冷えやストレスなど何らかの理由で血流が悪くなっていると、なかなか内膜の排出がしづらく、子宮収縮も強くなります。そうすると、当然痛みも強くなります。

ヨガにおいて改善が見込まれるのは、この「その他」のケースと言えます。(詳細は後述します。)

そもそも生理中はヨガをやっても良いの?

「生理中なのですが、ヨガのレッスンを受けても良いですか?」と質問される方がいます。流派やインストラクターによって考え方は多少異なりますが、体調さえ悪くなければ生理中のヨガは基本的には問題ないと考えて大丈夫です。

ただし、逆立ちを初めとして、「逆転のポーズ」は辞めておいた方が無難です。「逆転のポーズ」とは、足が心臓よりも高い状態にあることを指します。生理は「上から下へ」の流れで血液を体外へ排出する動きですから、逆転のポーズはこれと逆の流れになってしまうからです。

また生理中は体調が敏感になっていることが多いので、ホットヨガも参加はできますが、自分自身の体調をよく観察して無理ない範囲でやるのが良いでしょう。

ヨガで生理痛は改善できる?

病気以外での生理痛の場合、ヨガをすることで改善されることも多いです。ヨガで全身の血流が改善され、生殖器にもスムーズに血液がまわるようになると、子宮収縮が弱まり痛みが楽になることが期待されます。

また、身体を温めることで痛みが軽減する効果もあります。
(ホットヨガ「カルド」では、遠赤外線床暖房を採用しているので寒い冬でも身体を芯から温めてくれるから効果は絶大です。)

ホットヨガスタジオ カルドをチェックする>>

またヨガでは呼吸法が非常に重視されますが、実は痛みと呼吸も深い関係があります。生理痛だけでなく、例えばお産などもそうですが、人間は強い痛みを感じると呼吸が止まります。

止まりはしなくとも、呼吸が浅く速い状態になりやすいのです。しかし呼吸が止まったり浅くなったりすると、筋肉が硬直してますます痛みが強くなります。逆に深くゆっくりと呼吸をすると、痛みが和らいでいきます。

そのため、ヨガで深いゆったりした呼吸に慣れておくと、いざ痛みがきた際に、上手く痛みを「逃す」ことができるようになります。

特に子宮は筋肉でできていますから、呼吸の影響を大きく受けます。(いわゆるお産の「ヒッヒッフー」も、赤ちゃんが酸欠にならないよう呼吸が止まらないようにするためだけでなく、痛みを逃がすためでもあります。)

その他に、骨盤にゆがみがある場合には、骨盤が正常な位置に矯正されることで生理痛が楽になることも大いに期待できるでしょう。
骨盤矯正ヨガなど、限定したプログラムを用意してくれているヨガスタジオも多いので一度体験レッスンを受けてみるのもいいかもしれません。

骨盤矯正プログラムがある「LAVA」をチェック>>

ヨガで生理痛知らずのカラダへ

ヨガをすることで全身の血流を良くし、いざ生理の時には痛みを逃す力をつけることが期待できます。生理と上手く付き合っていくことで、女性として健やかな生活を送れることでしょう。

ホットヨガ

メニュー

LAVA発 オンラインダイエットプログラム ヘクシス hexis