ヨガに興味があるけど、なかなかはじめられない方へのアドバイス

「美容や健康に良さそう」
「ちょっとスピリチュアル」
「体が柔らかい人がやるもの」
「女性がやるもの」
など、ヨガという言葉に対するイメージは人それぞれです。

テレビや雑誌で、女優さんやモデルさんが美しいポーズをとっているシーンを、多くの方が一度は見たことがあるのではないでしょうか。

美容や健康に良いと聞くけれど、実際にヨガにチャレンジするのは二の足を踏んでしまう。そのような方も少なからずいると思います。

なぜ、ためらってしまうのでしょうか?

多くの方が口にする、「自分は体が硬いからできなさそう」「スピリチュアルの要素が強そうで苦手」という点にフォーカスしてご説明していきます。

ヨガは、体が柔らかくないとできない?

ヨガと言えば、足が頭に届いていたり、逆立ちしていたり、びっくりするようなポーズの絵をイメージしてしまいがちです。

「私は体が硬いから、とてもではないけどあのようなポーズはできない」とのお声もよく聞かれます。

しかし実際には、体の硬い・柔らかいというのは、全くヨガには関係がありません。なぜならヨガは「ポーズをとること」が目的ではなく、「呼吸をすること」が最も重要だからです。

深い呼吸に合わせながら体を動かす、という所に意味があるので、「どんなポーズがとれるか」は実は全く関係がありません。極端なことを言えば、呼吸さえできるならヨガにチャレンジすることは可能なのです。

実際に病院などで、体が動かしにくい患者のリハビリとしてヨガが選択されることもあります。そのくらい、重要なのは呼吸であり、体の柔らかさではないのです。ましてや「周りの方のレベルがどうか」というのは関係ないのです。

むしろ、体が硬い方が、ヨガを始めるメリットがあると言えます。元々柔軟性に自信がなくても、人間は運動やストレッチをすることによって必ず体が徐々に変わっていきます。ヨガをやることで、どんどん体が柔らかくなっていくのです。

そのため、元々体が硬い方の場合、自分の体の変化を実感しやすいというメリットがあります。バレエや新体操などの経験がある方の場合、少なくとも柔軟性の向上という面においては、ヨガのメリットを感じにくいものなのです。

ヨガはスピリチュアルな世界?

もう一つ、未経験の方がヨガを敬遠しがちな理由として、「スピリチュアルの要素が強そう」というものがあります。

「瞑想」「チャクラ」など、日常生活ではまず聞かないような単語が並んでいそう、というイメージを持っている方が非常に多いのです。

実際、そういったヨガスタジオもゼロではありません。ですが今日本で展開しているヨガスタジオ、特に複数店舗を展開しているような大手スタジオは、そういった色は薄いと考えて大丈夫でしょう。

確かにヨガは古代インドからスタートしており、元々は男性の修行法です。日本の「禅」のイメージに近いでしょうか。長時間の瞑想に耐えうる強い体を作り、最終的には神(宇宙)とつながることを目的とした修行だったのです。

しかし今日本で流行している「ヨガ」は、二〇〇〇年代初め頃に、アメリカから輸入されてきた「エクササイズ」としてのヨガと言えます。アメリカではヨガの健康面への良い影響が注目され、エクササイズとして大流行したのです。

そのため、その影響を受けている日本ではやはり精神面の部分は薄れ、エクササイズ的な色合いを強く出しているスタジオがほとんどなのです。

ただ、近年日本でも「瞑想」「マインドフルネス」といった言葉がビジネス本でも謳われるようになり、その抵抗感も薄くなってきています。そのため、「メディテーション(瞑想)」という言葉がつくレッスンもあるかもしれませんが、それ程身構える必要はないでしょう。

ヨガを始める