ホットヨガをしている時の汗ってどんな汗?

最近の日本の夏は不快になるほどに湿度の高い暑さで、もともと汗っかきな私は、夏場になると大量の汗をかき、汗疹も発生するので大変です。
そのため「汗」と聞くと、昔から汚く嫌なイメージを持ってしまいます。
でも、汗には「良い汗」と「悪い汗」があることをご存知でしたか?

普段から「良い汗」をかくには、運動や半身浴で普段から汗をかいていることがポイントです。
ホットヨガは汗を大量にかきながらヨガをするので、実は最適なんですよ。

たくさん汗をかくなら、このホットヨガがおすすめ>>>

普段かく汗は悪い汗?

通常、汗というのは臭くてジトっとしたものを思い浮かべますよね。
夏にかく汗や、ランニングやサイクリングといった激しい運動でかく汗は、塩分やミネラルも一緒に体外に出ていく汗です。

じっとりとした大粒の汗が流れ落ち、皮膚にとどまるため、菌の養分となり嫌なにおいが発生してしまうのです。
しかし汗は体温を調整する機能があり、身体にとってなくてはならない機能です。

そんな大切な役割があっても、汗がダラダラ流れている様子は、女性としてはあまり他人に見せたくない姿ですよね。

脇が汗でシミになった状態で、手を挙げなくてはならない時の恥ずかしさといったらないですもんね。
それに、汗をあまりかかないという人がいたら、不思議とクールな印象がして、ちょっと羨ましくなります。

そんな嫌なイメージのある汗ですが、そもそも汗自体が最初からにおうわけではありません。汗が皮膚についた状態で時間が経ち、その汗に皮脂などが混ざることで、雑菌が繁殖し、体臭となってしまうのです。

きとんとケアすることで、普段かく汗であっても臭いにおいの原因にならないようにできるわけですね。

とは言っても、やはりこういった汗は美容面や衛生面でも「悪い汗」に思えてしまいます。
そして大粒でダラダラと流れ落ちる汗は、蒸発しにくく、体温が中々下がりません。

機能としても体温調整の役割をきちんと果たしきれていない「悪い汗」なわけです。

良い汗ってどんな汗?

では良い汗って何でしょうか?
良い汗は悪い汗と反対で、ミネラル分や塩分といった身体が必要とする要素は残し、ほぼ水分だけを汗として身体の外へ排出します。このため、良い汗はさらっとしていてベタツキ感や、嫌なにおいが少なくなるのです。

どうして「良い汗」と「悪い汗」ができてしまうのか

汗が出る仕組みはご存知ですか?汗は汗腺から分泌されます。エクリン腺という汗腺は身体全体に200~500万個あると言われます。
しかしこれら全ての汗腺が活動しているわけではなく、働いていない能動汗腺も多く存在します。

活動していない汗腺が多いと、働いている汗腺に余計な負担がかかります。そうなるとミネラル分が再吸収されにくくなり、ドロドロしたにおいの強い汗となってしまうのです。

普段から汗をあまりかかない人は、汗腺の機能が正常に働きにくくなっているので、こういった悪い汗が出やすくなってしまうのです。

反対に能動汗腺が少なく普段から汗をかく習慣があり、汗を出す機能が正常に働いていれば、サラサラしたにおいの少ない良い汗が出るのです。

ホットヨガの汗はにおわない?

ですので、良い汗をかくためには、汗をかく習慣をつけることが大切になります。
高温多湿なスタジオで汗を大量にかくホットヨガはまさに最適、というわけですね。

私が通うホットヨガスタジオは女性限定のスタジオです。清潔な人が多い女性だけの環境というのもあるかもしれませんが、ホットヨガスタジオで「汗臭いな~」と不快になったことは、今まで一度もありません。
ホットヨガでかく汗は水分の多いサラサラした「良い汗」だからでしょうね。

また、ホットヨガに通うことで汗をかきやすい体質になり、より「良い汗」をかきやすい体質になったからだと思われます。

ホットヨガでかく汗だけではなく、普段かく汗も「良い汗」に近づく可能性があるホットヨガ。
続けていくことで、こういった意外な効果も期待できますね。