ホットヨガ中の水分補給、どうする?

ホットヨガに限らず、ジョギングやウォーキングといった運動においても、必ず忘れてはいけないのが「水分補給」です。

昔は部活動の時に水分を頻繁に取ることを禁ずる風潮がありましたが、そんなのは昔の話。
今は、適切な水分補給は運動において何よりも大切なことです。

なぜ、水分補給はそんなにも重要なのでしょうか。それは運動時に身体から出る汗が関係しています。

成人の体内水分量は約60%と言われています。年齢が高くなるにつれ水分量の比率は変わり、子どもで70%前後、老人で約50%と言われます。

年を取ると、脂肪量が増えて体内の水分量は徐々に減っていくからです。女性は男性よりも脂肪が多いので、更に水分量は少なくなります。

普段の生活だけでも、多少の汗をかいたり排尿をすることで、水分は失われています。
それを補うために、通常でもおよそ1.5リットル以上の水分を補給することが必要です。

運動をすることで汗をいつもより沢山かき、水分は失われているので、水分補給は普段以上に必要になります。

運動の種類や、気温といった環境にも左右されますが、1時間程度運動をすることで約1リットルの汗をかくと言われます。

それだけ大量の水分が体内から出ていったのに、何も水分を補給しないでいたら、体内の水分量は不足してしまい身体に不調をきたしてしまいます。

ホットヨガは普通の運動に比べて大量の汗をかきます。ですので、水分補給が何よりも重要になるのです。

最近では、お水が飲み放題のホットヨガ教室・スタジオもありますので、そういったところだと自分で用意する必要もなくなり、楽ですよね。

中には、アンチエイジングに効果があるともいわれている水素水が飲み放題のホットヨガスタジオもありますので、そういったスタジオに通うのも一つですね!

専用サーバで水素水飲み放題があるヨガ教室は?

脱水症状の危険性

人間は体重の3%以上の水分を失い、水分補給をしない状態でいると脱水症状になってしまいます。
体内の水分は以下のような働きをしています。
-----------------------
・栄養素や酸素を血液と一緒に体内に運ぶ
・尿や唾液などで老廃物を対外に排出する
・汗を出すことで体温の調整をする
-----------------------
体内の水分量が足りなくなると、これらの身体にとって欠かせない働きが正常に行われなくなります。
すると、めまいや吐き気、頭痛、更に症状が重くなると意識障害や痙攣を起こし、最悪の場合は死に至ることもあるのです。

非常に怖い脱水症状ですが、身体はまずサインを出して私たちに危険を伝えてくれています。

----------------------
・口が渇いてくる
・皮膚が乾燥してカサカサしてくる
・目が窪んでくる
・トイレに行く回数が減り、尿の色が濃くなる
----------------------

こんな症状を自覚したら、まずは水分を取りましょう。しかし、水分だけでは十分ではありません。汗には塩分がわずかに含まれています。ホットヨガや激しい運動で大量の汗をかいた時は同時に体内の塩分も失われてしまいます。

体内の塩分、つまりナトリウムが減少することは脱水症状を加速させてしまう恐れがあります。

ですので、「脱水症状かな?」と思った際は、塩分も入った市販の経口補水液などを摂取した方が良いでしょう。

水の効用

そのような怖い脱水症状になってしまう前に、適切な水分補給を心がけましょう。ホットヨガのレッスン中は、インストラクターが頻繁に水分補給を促してくれます。

今はそんなに喉は渇いていないからまだ大丈夫・・・。と思っても、水分補給は無理にでもするようにしましょう。

水分補給の頻度は?

では、どの位の頻度で水分補給を行ったら良いのでしょう。これは各教室のインストラクターの指示に沿って行うのが一番ですが、目安としては一つのアーサナ(ポーズ)が完了して汗を拭くタイミングに、同時に水も取ると良いと思います。

レッスン前も水分をある程度体内に入れておくと良いでしょう。胃がチャポチャポする程に飲んでしまうとヨガに影響してしまうので、適量にしましょうね。

そしてレッスン後、汗を沢山かいて気持ち良いからといって、ビールや炭酸飲料をいきなり取ることは避けましょう。
レッスン後1時間は身体の吸収率が大変高くなっているので、糖分が多く入った飲料水ではなく、水だけを摂取するようにしましょう。

どんな水の種類が良い?

水には硬水と軟水があります。硬水にはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。
有名なところではエビアンやコントレックスが硬水です。軟水に比べて日本人には少し飲み慣れない味なので、抵抗を感じる人もいるかもしれませんね。

普段からあまり水分を取る習慣のない人でも、前述のようにホットヨガの時は水分補給が非常に重要です。ですので、硬水を我慢して飲むくらいなら、普段飲んでいる軟水を選ぶ方が良いと思います。

慣れてきたら、ダイエットや健康への効果を求めて硬水にチャレンジしてみても良いかもしれませんね。

今注目の水素水

冒頭でも少し触れましたが、ここ数年注目を集めている水素水をホットヨガの時に飲むのも良いですね。水素水サーバーを置くホットヨガスタジオも増えています。

アンチエイジングにも効果があると言われる水素水。私はまだ試したことがありませんが、美容効果の高いホットヨガとの組み合わせで、より多くの効果が期待できそうです。

専用サーバで水素水飲み放題があるヨガ教室は?

ホットヨガでの水分の重要性を理解した上で、自分に一番最適な水を選んで、快適なホットヨガライフを送ってくださいね。

ホットヨガ

メニュー

LAVA発 オンラインダイエットプログラム ヘクシス hexis