ホットヨガのデメリットとは?体に悪いといわれる理由

ホットヨガと聞くと、ダイエット効果、美肌効果、体質改善効果など、多くのメリットがあると言われていますが、ではデメリットは無いか?と聞かれるとそんなことはありません。

ホットヨガのデメリットとはどんなところなのか、体に悪いと言われる理由とともにまとめてみましょう。

ホットの環境が体にもたらすデメリット

ホットヨガは、スタジオを室温35~40度、湿度60%以上の高温多湿の環境に設定し、その中でヨガを行います。
それによって大量の汗をかき、代謝のアップや汗腺への刺激による冷え性改善や美肌効果などさまざまなメリットが期待できると言われています。

しかし、そもそもその高温多湿の環境は、真夏の一番暑くムシムシとした時期と同じような環境なんですよね。近年では真夏の熱中症への注意が呼びかけられていますが、まさに熱中症になりやすい環境でもあると言えるわけです。

直接太陽からの刺激や紫外線が無いだけで、真夏の暑い時期にヨガをする…とイメージするとわかりやすいのですが、体にはとても負担がかかるのは事実です。


そのため、ホットの環境下でのヨガでは体調管理など注意すべきことがたくさんあり、注意を怠ると、体に不調が出る場合も考えられます。

ホットな環境下で考えられる不調

真夏の暑い時期にヨガをするのと同じ環境…という事で、注意を怠ると熱中症と同じ症状が出たり、脱水症状を起こしてしまうことがあります。

体力には自信があり、普段はとても健康だと言う方でも、実際の外気温や季節とは違う環境に入る事は、それだけ体には負担になりますので、「いつもは大丈夫」でも、今日は不調が出たり、急に不調が出てしまう事も考えられます。

汗も大量にかきますので、その分水分補給が必要となります。インストラクターが声掛けをしていますが、喉の渇きを感じた時にはもう体は軽度の脱水症状にあるとも言われていますので、こまめな水分補給を心がけたいですね。

ホットヨガに慣れている方でも、急に頭痛や吐き気がしたり、手足のだるさを感じたり、体の疲れが重く、その疲れが続くようであれば、軽度であっても何らかの症状が出ている事も考えましょう。

ホットヨガで不調が起こりやすい人は?

ホットヨガをやってみたいけれど、体への危険を考えるとどうかな?と迷っている方は、まず、体験レッスンに参加して、自分に合うか確認してみるといいですね。

もともと虚弱体質の方、真夏の高温多湿の時期に夏バテを起こしやすい方、温泉施設などにあるサウナが苦手な方、サウナなどで息苦しさを感じる方などは、ホットの環境が負担になりやすい体質だと思いますので、自分の体とよく相談してみてくださいね。

また、何らかの持病をお持ちの方、お薬をお飲みの方はお医者さんに相談することや、妊婦さんも負荷が大きくなりますので、恐らくヨガスタジオの方から参加はできないと言われると思いますが、注意してください。

その他のデメリットは?

高温多湿の環境が直接体に負荷をかけてしまう以外にも、ホットヨガならではの危険はあります。暖かい環境では、柔軟性が高まり、いつもよりもヨガのポーズが取りやすくなります。これはホットヨガのメリットの部分でもあり、柔軟性のアップが期待できるところでもあるのですが、その分、限界を超えて伸ばしすぎてしまう場合があり、筋肉や靭帯を傷つけてしまう可能性もあるのです。

ホットヨガに参加するときは、絶対に無理をしない事というのがとても大切になります。特に、ヨガを始めて間もない方は、自分の体と相談しながら、周りの方やインストラクターにつられて無理をせず、自分のペースを守って行うように心がけましょう。

ホットヨガにはメリットもたくさんありますが、特別な環境ならではの危険もあり、上手に参加しないと体への負荷が大きくなりすぎてしまう事が考えられます。十分注意して、無理をせず、体の調子をしっかり観察することを忘れないようにしましょう。


ホットヨガ

メニュー

LAVA発 オンラインダイエットプログラム ヘクシス hexis