ホットヨガ効果~冷え症改善

女性を悩ます冷え症。冷えは万病の元とも言われ、近年は数多くの冷え対策グッズをお店で見ることも増えました。

ある調査結果によれば、なんと女性の約8割が冷え症であるとも言われているそうです。

私は普段はそんなに冷え症だと感じることはありませんが、トイレなどでふとお腹に手を当てると、その部分だけヒンヤリと冷たくなっていることがあります。

暖かい部屋で過ごしていたのになぜ?と不思議に思っていたのですが、これも「内蔵型冷え症」という自覚症状が出にくい冷え症の一つみたいなんです。

冷え症と聞くと手足の冷えばかりを思い浮かべ自分には関係ないと思っている方でも、実は私のような隠れ冷え症である可能性もあり注意が必要です。

なぜ冷えは体に悪いの?

冷えや低体温は身体に様々な不調を引き起こします。

頭痛や肩凝り、腰痛、下痢や便秘、生理痛や生理不順、肌荒れやむくみの原因にもなります。不妊の原因とも言われています。

また、すぐに風邪をひいてしまうといった免疫力の低下にも繋がりやすくなります。

なんとなく不調?という状態が続いているようなら、冷え症を疑ってみても良いかもしれません。

冷え症は人の身体が本来持っている「体温調節機能」が正しく機能しなくなることが原因で引き起こされます。

冬はエアコンで暑い室内にいて、いざ外に出ると凍えるような寒さ、夏はクーラーでキンキンに身体が冷え、一歩外へ出ればまるで灼熱地獄。

このような生活を続けていると、気温の変化を皮膚が感じにくくなってしまいます。

更に現代人は夏も冬も、ビールや炭酸水といった冷たい飲み物を摂取する傾向があり、そうすると内蔵内の温度調整機能も狂ってしまいます。

また、女性は男性に比べて筋肉が少なく、筋肉が付きにくい身体の造りをしています。

人は筋肉を動かすことで熱を作り、身体を温めるように造られているので、女性は男性よりも高い割合で冷え症になりやすいのです。

冷え症改善には食事と運動

冷え症を改善するには、まず食習慣の改善が重要です。普段から加工精製食品ばかり取っていると、身体に必要な栄養素であるミネラルやビタミンが不足してしまいます。

ダイエットで無理な食事制限をすると、更にそれらを補うことができずに冷えやすい身体になってしまいます。

また、運動不足も冷え症に繋がりやすい原因と言えます。運動をすることで血流が良くなり冷えが解消されやすくなります。また、筋肉を作ることも身体を温める為には必要です。

適度な運動は冷え症対策には欠かせないのです。

ホットヨガが冷え症に良いのはなぜ?

そこでオススメしたいのがホットヨガです。ホットヨガをするスタジオは、室温約39度前後、湿度55%~65%の間に保たれています。

これはただじっとしているだけでもじんわり汗をかくほどの暖かさです。

そのスタジオで1時間前後、じっくりとヨガのポーズをとることで、本当に驚くほどの汗をかきます。

普段汗をかきにくい低体温の人でも、毎回のホットヨガで否応なく大量の汗をかくことで、体質が変化してくるはずです。

岩盤浴やサウナで汗をかく方法もありますが、ホットヨガのように暖かい空間で筋力をつけるヨガを行うことは、冷え症改善により多くの効果が期待できるのです。

冷え性を改善したい!>>>

他にもホットヨガには沢山の効果が

ホットヨガは血行の流れを改善する効果があると言われています。身体を内側から温めていくことで、体内の水分が循環し代謝の良い体質になりやすくなるのです。

また、代謝が上がることで痩せやすい身体に近づけます。インナーマッスルが鍛えられるので筋力UP